熱帯魚

PSB(光合成細菌)の驚きの効果とは!?おすすめの使い方の紹介

PSB

こんにちは。ワタナベです。ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

熱帯魚を飼っていると、お店で売っているアイテムってとても気になりますよね!

 

今日は以前から気になっていた大容量のPSB(光合成細菌)と言われる商品を買いましたので、これがどんなものなのか?どんな効果があるのか?など深堀してご紹介したいと思います。

  • PSB(光合成細菌)とは?
  • どんな効果があるの?
  • おすすめの使い方

ここでしっかりPSBの仕組みや効果を理解して快適なアクアライフを送りましょう♪

PSB(光合成細菌)とは?

まず商品にどのように書かれているのか見ていきましょう

PSB

商品の説明

今回私はシマテックさんのPSBを購入しました。

 

商品の裏面にはこのように記載されています。

 

PSBは水中に溶け込んだ有害有機物を分解する生きた微生物です。

 

いいですね♪有害微生物を分解する、というところでワクワクしてきます(笑)

 

PSBは生物ろ過作用を促進しますので、水質が安定し水換えや掃除の回数も少なくて済みます。

 

ここを読むと、立ち上げたばかりの水槽に良さそうですね。

 

特にシュリンプ系を立ち上げたばかりの水槽に入れるとアンモニアや亜硝酸で死にそうになりますが、そんなミスをしてしまったときには助けになってくれるかもしれませんね。

 

PSBは必須アミノ酸、核酸、ホルモン、ビタミンを多く含んでいますので、多めに投与しても魚のエラや皮ふから摂取され魚の栄養源となります。

 

これもいいですね♪

 

多めに入れても大丈夫なところが私のようなアクアリム初心者にはうれしいですね。

 

お魚の健康に良さそうなものがたくさん入ってそうでいい感じの商品ですね。

 

PSBは有害有機物を分解しながら窒素固定を行いますので、水草の成長を促進します。

 

窒素固定ってマメ科の植物みたいですね。お魚だけでなく水草にも良い影響を与えてくれるのはアクアリストの皆さんにはうれしいですね。

 

ここまでが裏面の説明書きでしたが、表面にもうれしくなるようなことが書いてありました♪

 

魚糞・残餌の分解除去

 

フンを分解してくれるのはとってもうれしいですね。

 

オトシンクルスやコリドラスなどお掃除してくれる味方はたくさんいますが、フンまでは食べてくれないのでうれしいですね。

 

本題!PSB(光合成細菌)とは

光合成細菌とは光合成をおこなう最近の総称なんだそうです。

 

この光合成細菌にはいくつか種類があり、酸素発生型光合成をする藍色細菌や紅色細菌、酸素非発生型光合成をする紅色非硫黄細菌に分かれます。

 

ちなみに今回紹介している光合成細菌は紅色非硫黄細菌に該当し、英語ではPurple Non Sulfur Bacteriaで略してPSBとなります。

 

この「紅色」の通り、見た目もピンク色です。ですのでこの色は色素を添加した色ではなく天然なんですよ。

 

どんな効果があるの?

水槽の立ち上がりが早くなる

PSBは水槽の立ち上げ初期にもお勧めします。

 

他のバクテリアがPSBをエサにして増えるので水槽の立ち上がりが早くなります。

 

硫化水素を分解する

水槽のなかに嫌気層があるとそこに硫化水素が発生します。この硫化水槽はお魚には大変毒なのですが、PSBはその硫化水素を分解する力を持っています。

 

お魚を元気にする

必須アミノ酸、核酸、ホルモン、ビタミンを含んでいてエラから吸収されますのでお魚が元気になります。

 

特にお魚が弱った時に効果が見えるレビューが多くみられます♪

 

水がピカピカになる

水槽のバクテリアの餌になるので、水質浄化が促進されて水がピカピカになります。

 

水替えが減らせる

バクテリアが増えて好循環を生むので、水が汚れにくくなります。

 

その結果水替えを減らすことができます。

 

白濁りを解消する

白濁りはバクテリアのバランスが構築できていない立ち上げ初期に起こりやすい現象です。

 

PSBを入れることで有益なバクテリアが増えて、その結果白濁りを解消してくれます。

 

このときのポイントしては、しっかりエアレーションをしましょう。

 

ろ過バクテリアが増殖するには酸素が必要だからです。

 

おすすめの使い方

最初は少なめに使う

どんなに良い製品であっても、使う環境は人それぞれで全く同じ条件などありません。

 

ご自身の水槽の環境(バクテリアのバランス)が崩れないとも言い切れないので、最初は慎重に行きましょう。

 

具体的には説明書きの半分くらいから始めるのが良いでしょう。

 

投入後、少しずつ増やしていき問題ないということであれば説明書き通り投入してみましょう。

 

規定量

最後に今回紹介しているシマテックさんの規定量をご紹介します。

 

水替え時の場合

水量 水替え時の使用量
60L 60cc
180L 180cc
240L 240cc

1日1回使用する場合

水量 水替え時の使用量
60L 3~5cc
180L 10~15cc
240L 20~30cc

さいごに

それほど高くないのに大容量でしかもお魚が健康になりそうでとっても魅力的ですよね♪

 

じょうずに使って快適なアクアライフをお過ごしください。

 

最後までありがとうございました♪


-熱帯魚
-, , , ,

© 2021 人生を変えるためのブログ